鈴木麻奈美 -勘孫奈(かんそな)- 和のSmile 代表インストラクター

  

 

勘孫奈(かんそな) 

    -鈴木 麻奈美ー

  舞踊家・和のSmile代表

 

    *日本百人一首舞 考案

    *NOSS認定 インストラクター   

     http://noss.jp/example

   *ミキハウス子育て総研株式会社認定 『輝くママ』

     http://www ote.com/shine/profile/post_74.html 

    *琵琶湖周航の歌 振付

  

 5歳から藤間流にて日本舞踊を始め

  19歳で藤間流名取となる。 『藤間勘孫奈』

 

 2008~2011年、夫の転勤に伴い渡米。

ニューヨーク州やコネチカット州にて、

現地の小学校や図書館、老人ホーム等で日本舞踊をはじめとした

日本文化を紹介する。 

   帰国後、2012年、『和のフィットネスNOSS』インストラクター資格取得。

  2013年~2014年ミキハウス子育て総研株式会社認定 『輝くママ』として、

  『和の魅力』についてコラムを掲載。

  2013年、百人一首舞考案

  2015年 『日本百人一首舞』 商標登録。

   

   

 *これまでの活動*

  『和のフィットネスNOSS』『日本百人一首舞』の講座やイベント・発表会・認定証授与式・JEUGIAカルチャー・シダックスカルチャー ・日本きもの学院パーティ余興 ・公立小学校PTA活動 ・シルバーセンター体操教室・呉服屋イベント ・古民家外国人文化体験会 ・自治会三世代交流 ・2016年くさつ宿場祭りキモノショーオープニングアクト・ ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)留学生対象体験講座・神社(近江神宮・日吉大社・加茂神社)・2017年長浜きもの親善大使選出大会イベント・びわ湖放送出演・介護施設訪問など。

 

 


               Let’s dance!

 現代の日本舞踊は、伝統文化ゆえの敷居の高さ、流儀による型苦しさ、時間もお金もかかるイメージが強くて気軽には始められないのが現状ではないでしょうか?

まずは古典や流儀に囚われず、和のリズムで身体を動かすことから始め、

日本舞踊を身近に感じてもらうことが、みなさまへの願いであり、

舞踊家の課題でもあります。

西川流三世家元が考案された『NOSS』は運動としての効果が科学的に検証されています。

また、わたくしが考案いたしました『百人一首舞』は現代人にも親しみ深い古典文学の

百人一首を使い、日本の代表曲ともいえる『さくら さくら』に振付けております。

これによって、どこでも自ら歌いながら、また、歌ってもらいながら踊ることが出来ます。

伴奏もお琴や三味線に止まらずピアノを始め、フルートやバイオリン、さまざまな楽器に合わせていただくことも出来ます。

一芸の披露はもちろんのこと、古典舞踊への入門、運動、自国の文化の発信、次世代への継承として、老若男女、さまざまなシーンで、百人一首舞を育んでいって下さることを切にお願い申し上げます。

もっと気軽に!もっと身近に!

『日本舞踊』とは読んで字の如く、『日本の舞い、踊り』なのですから・・・